麹 KOUJI STORY 02 × inner beauty 日本インナービューティーダイエット協会麹 KOUJI STORY 02 × inner beauty 日本インナービューティーダイエット協会

第2回:「麹」×「温活」

便秘や肌荒れなどの体の不調は、多くの女性にとって身近にある悩みの種。
体の不調を改善し、内側からキレイになることで、より健康的に美しくなるにはどうすればいいのか。
そこで前回に引き続き、「インナービューティー」の第一人者である木下あおいさんに、お話しを伺いました。

木下 あおい

木下 あおいAoi Kinoshita

(社)日本インナービューティーダイエット協会代表。管理栄養士/インナービューティープランナー。腸内環境を整え、美しく健康になる美容食をSDGsの観点から提案する。全国に発酵・旬の野菜を活用した料理教室、資格講座の運営。インナービューティーダイエット専門クッキングサロンBijou(本店主宰。北海道から沖縄まで、認定サロンを展開中。美と健康を伝える教育事業、ダイエットサポート、女性の活躍を支援する活動に力を入れている。『ママになっても美しい人の食事術』(PHP出版)『30代からの食べて美肌になるダイエット』(清流出版)、『美人はコレを食べている』(大和書房)など累計30万部を著書。

みなさま こんにちは。
前回は、体の不調を改善し、美しく健康に生きるたに
「腸活」についてお話しをさせていただきました。
今回は「腸活」とは切ってもきれないほど、
女性の体を健康にするためにとても大切な「温活」のお話しです。

温活とは?

みなさまは「温活」と聞いて、どのようなことを思われますか?
温活とは「体を芯から温めていくこと」。

腸を整えるためにも、
体を冷やさないことはとても大切で、体が冷えると免疫力も
低下し、様々な不調も起こりやすとされています。

体を温めることは、自律神経のバランスを整えることに繋がり、
その結果心の安定が訪れ、心身の調子を良くすることに繋がります。

自律神経の乱れは、
便秘・不眠・肌荒れ・体調不良・肥満
など様々なトラブルの原因にもなります。

体内が温まることで代謝が整い、便通も促進され、お肌の艶も出てきます。
一番はよく噛むことで、食事誘導性熱産生を高めること。

そして、発酵調味料や、生姜、根菜類など、
ビタミンB群の豊富なお食事も温活におすすめです。

前回に引き続き、今回も木下あおいさんが理事を務めるIBD(インナービューティー協会)認定講師の方に温活におすすめなますや味噌の商品をピックアップ、おすすめポイントや商品を使ったオリジナルレシピを大公開します!

Reccamend
野崎 ゆみこ

野崎 ゆみこYumiko Nozaki

管理栄養士、麹クリエイター、健康運動実践指導者、インナー ビューティープランナー、野菜ソムリエ。著書「美人をつくる!毎日のこうじ水」(光文社出版)。インナービューティーダイエッ ト協会東京校、ワークパル上越校にて講師を務める。保健セン ターで数多くの栄養指導に携わってきた経験、ダイエット専門 協会での学びを生かし飯内科クリニックにて独自の栄養指導で 効果をあげている。3姉妹の母でもあり、子供のアレルギーや アトピーの経験から「食べたもので身体はつくられている」と 再認識。2019 年、食の体験施設としてドクターズカフェをオ ープン。 ダイエット指導をした生徒は 100%の成功率を誇る。
インスタグラム: @ kanrieiyousi

「温活」におすすめな商品

「腸活」におすすめな商品

こうじ水(麹水) ティーバック(プレーン)

おすすめ理由:

こうじ水が簡単に作れることと、麹をパウダー状にしてあるので、麹の成分を無駄なく効率良く取り入れることが出来きるので続けやすい。
こうじ水は乳酸菌たっぷりで腸活にぴったりなのですが乳酸味噌汁にすることでとても飲みやすく、家族全員で実践しやすいのがポイントです。また、パウダー状のこうじは紙パックから出して丸ごと味噌汁に入れても飲みやすく、捨てるところがありません。
別々に飲んでいた味噌汁とこうじ水ですが、一緒に飲むことで飲みやすく時間のない朝に飲み忘れやすい子供達に味噌汁なら飲み忘れがなく、一石二鳥です。

実食コメント:

麹が粉状になっていて少量でも濃く出て無駄がなく、簡単にこうじ水が作れることに感動しました。パックから出してこうじ丸ごといただいてもパウダー状なので食べやすかったですし、袋から出して水に浸す方が濃いこうじ水が出来ました。味は乾燥麹と変わりなかったです。

オンラインストアで購入:

こうじ水(プレーン) ティーバッグこうじ水(プレーン) ティーバッグ

Recipe
美腸みそ味ナッツタルト

だしこうじ水で乳酸菌味噌汁

材料 A

  • <だし麹水>
  • こうじティーバック1袋分
  • 好みのだし 1袋(今回は鰹節)小さじ2
  • 500ml
  • <乳酸菌味噌汁材料>
  • だしこうじ500ml
  • ミニトマト(爪楊枝で数カ所穴をあける)5個
  • 玉ねぎ(スライス)1/6個
  • 乾燥ワカメひとつまみ
  • 味噌大2

作り方

<だし麹水>

材料を容器に入れてほんのりと酸味が出てくるまで一晩置き発酵させる。(保存は冷蔵庫)
※このまま飲んでも加熱せずに味噌に溶いて飲んでもOK

作り方01

<乳酸菌味噌汁材料>

別のボウルにBを入れ、泡立て器で白っぽく乳化するまでよく混ぜる

作り方02

LET'S SHARE